アンチマネーロンダリングポリシー

アンチマネーロンダリングポリシー(AMLポリシー)

マネーロンダリングとは不正資金を現金や証券など表向きには合法な資産に変換して偽装するものです。

一般規定

このアンチマネーロンダリングポリシー(以下、"AMLポリシー")にてCREX24で採用するマネーロンダリング防止策の手順と仕組みをご確認いただけます。CREX24は以下のポリシーに従って運営しています:
  • 犯罪者もしくはテロリスト、またその両方と取引関係を持たない:
  • 犯罪もしくはテロ活動、またその両方に起因する取引を受理・処理しない;
  • 犯罪もしくはテロ活動、またその両方に関する取引を助長しない;

認証手続き

CREX24はアンチマネーロンダリング基準と顧客判別(KYC)ポリシーに沿った運営のため独自のプロセスを設けます。

CREX24のお客様は認証手続きを完了する必要があります(国から発行された身分証明書:パスポートまたはIDを提供する必要があります)。CREX24はAMLポリシー履行のため身分証明情報を収集する権利があります。これらの個人情報はCREX24のプライバシーポリシーに基づき厳重に管理・処理されます。

CREX24は追加身分証明書を要求することがあります:お客様のフルネームと現住所の記載のある銀行からの書類、3か月以内の公共機関の領収書

CREX24はお客様より提供される書類と情報の正当性を検証し、危険・疑いがあると思われる場合追加情報の提供を依頼する権利を有します。

お客様の身分証明情報が変更となったり不正の疑いがある場合、それらが過去に認証されたものであってもCREX24はお客様に最新の書類の提供を依頼する権利を留保します。

アンチマネーロンダリング担当者

アンチマネーロンダリング担当者はCREX24社員であり以下のAMLポリシー履行の責任者となります:
  • 身元証明情報の収集;
  • 法規制に従うために必要なレポートの作成、保存、検証、提出の手続き、また社内ポリシーの制定と更新をおこないます;
  • 取引監視およびお客様の通常のアクティビティから大きくかけ離れるイベントの分析;
  • フォーム、ログ、ファイル、ドキュメントの保存、閲覧のための履歴管理システムの説明
  • リスク評価の定期更新。

アンチマネーロンダリング担当者はマネーロンダリング、テロ資金供与、ほか非合法活動を防止するため法的諮問機関と連携する権利を留保します。

取引監視

お客様の取引監視と収集されるデータの分析はリスク評価及び疑いのある取引の検出に用いるツールとなります。マネーロンダリングが疑われる場合CREX24は取引のすべてを監視するとともに次の権利を留保します:
  • 疑いのある取引について関連法機関への報告;
  • 情報や書類の追加提供要求;
  • お客様のアカウントの一時停止もしくは凍結

上記リストはすべてを含んでいるわけではありません。アンチマネーロンダリングコンプライアンス担当がお客様の取引を日々監視し、疑いがあるか報告するかどうかを判断しています。

リスク評価

国際要件に基づきCREX24ではテロ資金供与とマネーロンダリングに対しリスク評価に基づく対策を適用しています。テロ資金供与とマネーロンダリングへの対策はリスクに応じた措置を講ずるため、効果的にリソースを割り当てることができます。リソースは優先順位に基づき割り当てられ、緊急度の高いリスクには大きな注意を持って対応しています。